人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

2008年02月24日

人間失格 太宰 治

人間失格
この作者の落ちていく様が大学生には妙にリアル。
しかし、将来にまで残す価値のあるものかは疑問である。

高校の時に読んでもカオスやったやろうし。
時流によって受けている感は否めない。






タグ:太宰 治
posted by クロルデン at 08:49 | TrackBack(0) | 太宰治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

斜陽 太宰 治

斜陽
原作です。

あたりまえですが・・。

感動しました、。とても。

貴族から落ちぶれ病気でなくなる母。
麻薬中毒、恋愛に悩む弟直治
デカダンな生活を送る上原。
そして、力強く子供を産み育てるかず子。


この4人の登場人物に太宰のそれぞれの人格が
含めれてると解釈されてます。

私もそう思いました。

きれいな世界。とてもきれいな世界。

文章が洗練されてます。

女性の心情をつづる書き方がされているんですが
太宰もよくここまで女性の心情をつづれたなと
関心!病気の手記などは当時の奥様の手記を参考にされたとか

最後、かずこが上原の奥さんに。上原とかずこの子供を
直治の子供として抱かせたいという一節に
深い感慨と感動を覚えました。

せめてもの女性の意地と誇りですね、。
直治の恋を成就させたいという・・・。

すばらしい、すばらしい作品です。

太宰大好き!


かず子の生き方に惚れた!


斜陽 (新潮文庫)

タグ:太宰 治
posted by クロルデン at 12:04 | TrackBack(0) | 太宰治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。