人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

2009年07月29日

もう、家に帰ろう 田辺 あゆみ, 藤代 冥砂

田辺あゆみ。、トップメゾンで活躍するモデルの彼女と、写真家の藤代冥砂の夫婦。 
二人の、恋愛から新婚という過程の生活の一瞬一瞬を切り取ってある写真集。
やっと入手。
最愛の人。
一番安心できる人に見せる彼女の表情がとても見ていて愛おしくおもえてしまう。
だんな様の彼女への愛が詰まってる一冊かなって。
見ていて、ほんわかした気分に。


もう、家に帰ろう

posted by クロルデン at 19:58 | TrackBack(1) | 共著作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

余命1ヶ月の花嫁

こういう話に触れると、どうしても、身近な人の死について考えてしまうから今まで避けてきた。

なぜ、この本を手にとったかというと、映画の告知映像のカットで、「今は何してるの?」の問いかけに「生きてる」と答えるシーンがあったから。

これはすごく深いと思った。

本の内容については、言葉で表現できないものがあって、感動したとかそういうことでなく、すごく考えさせられた。

生と死について考える部分もあったが、人の心というか、気持ちについて考える部分が多かった。

読んでからは、将来的に、自分が病気について研究したり、人の健康に貢献したいと思ったり、今すぐ、自分を見直したいと思った。周囲の人のために感謝できてるだろうか、役立ててるだろうか、とか。

映画は見るかわからないけど、本の内容はなんども振り返って、心にとどめておきたいと思った。

とりあえず、読んで、千恵さんや千恵さんと関わった人たちの思いを受け止めてほしいと思う。

こうして、書籍化されたり、映画化されたり、千恵さんは今どんな思いでいるんだろうか。



余命1ヶ月の花嫁

posted by クロルデン at 11:33 | TrackBack(2) | 共著作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

あなたと、どこかへ 片岡 義男, 甘糟 りり子, 林 望, 谷村 志穂, 角田 光代, 石田 衣良, 吉田 修一, 川上 弘美

吉田修一、角田光代、石田衣良、甘糟りり子、林望、谷村志穂、片岡義男、川上弘美の
超人気者たちの書かれたドライブ短編集。
高幡不動から読みはじめて明大前にいく手前で読み終わってしまった(笑)

がんばりすぎてしまった女性のひきこもりを救いにやってきた
心優しい弟君との角田さんの小説、よかったです。

 「そうだよ、大人は車を運転できる。」

運転は本が読めないからなぁと思っていたけれど、石田さんのように宿泊して本をまとめ読みする、という手があるのか。うーん、でもまだ先の話だなぁ。。

それにしても、気楽な本ばかり読んでます(^^)



posted by クロルデン at 12:59 | TrackBack(0) | 共著作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

Field,Wind―青春スポーツ小説アンソロジー あさの あつこ, 五十嵐 貴久, 川島 誠, 川西 蘭, 小手鞠 るい, 須藤 靖貴

「ロード」あさのあつこ
「サッカーしてたい」川島誠
「風を運ぶ人」川西蘭(カワニシ,ラン)
「氷傑」須藤靖貴(スドウ,ヤスタカ)
「バトン」五十嵐貴久
「ガラスの靴を脱いで」小手鞠るい(コデマリ,ルイ)


上記六人の作家さんによる青春スポーツ小説アンソロジーです。
スポーツ小説だと一流アスリートなんかのサクセスストーリーを描くのが多いですが、
本作は、あと一歩一流になりきれない選手やアマチュア選手の苦悶や葛藤・挫折・諦め、
たとえ日の目をみなくてもそのスポーツが単純に好き・楽しいという気持ちが描かれています。

そのスポーツが単純に好き・楽しいというのは、
スポーツをする人たちの大多数の動機だと思います。
結果だけを求めず、
スポーツを通して健やかな心身を育めれば、
それだけでもスポーツをする意味はあると思います。

『どうせ後悔するのなら、うんとむずかしい方を選んで、チャレンジしてみてから、後悔する方がいいでしょ?だって、順風満帆よりも、波瀾万丈の方がおもし
ろいに決まってるじゃない。』(本文引用)

そうは分かっていても踏み出す勇気はなかなか持てるものではないです。
だから、多くの人は、後者の生き方が出来る人を羨望の眼差しで見てしまうのではないだろうか。



posted by クロルデン at 17:42 | TrackBack(0) | 共著作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

美酒楽酔飲めば天国 阿川 弘之, 丸谷 才一, 遠藤 周作, 開高 健, 吉行 淳之介

酒の本といえば、吉行淳之介大先生の翻訳によるKingsley Amis 「酒について」が大名作ですが、これもすごい。

阿川大先生・開高大先生が酒について語る、たこ焼き小田島先生が駄洒落を飛ばす、埴谷大先生が酒への偏愛を語る、北方謙三先生が薀蓄の髄を極めてぴぴくと髭をうごかす。

「世界の名酒事典」のことは知らん。が、この本は素晴らしい。
この薀蓄本が文庫になったら、15くらい年下の女の子連れてかっこいいレストラン・バーに入ったところでおもむろにこの本開いて、ページ指差しながら世の酒飲みというものについて薀蓄を語る。
是非やってみたい。
ただのヤなオヤジだけど。


posted by クロルデン at 18:11 | TrackBack(0) | 共著作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 阿川 佐和子, 沢村 凛, 三浦 しをん, 柴田 よしき, 乃南 アサ, 谷村 志穂, 角田 光代, 松尾 由美

最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。
あなたが自分ではない、他の何かになったとしたら、誰に恋をするのだろうか。それが、言葉も通じない相手だったらどうするのか。自然の摂理に適わない相手ならばどうするのか。

独りよがりの感情を振りかざすのか(それが通じるかは気にしない)、あるいは、言葉以外の方法で伝えようとするのか…

この恋は最後の恋である。たいていの人間はそう考えるのだ。

人の心は移ろいゆくものである。世は無常と言うが、人の心も常というものはないだろう。だからこそ、問うているのである。その恋は、本当に最後の恋なのか。

多くの娯楽が蔓延している現代で、恋は娯楽の大部分を占めている。生物はなぜ、相手を求めるのか。どのように決定しているのか。

臭い、DNAの不一致など、科学的に立証されているものは多くある。ここで、それを語るのは無粋というものだから、やめておこう。



posted by クロルデン at 12:44 | TrackBack(0) | 共著作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コイノカオリ 角田 光代, 島本 理生, 栗田 有起, 生田 紗代, 宮下 奈都, 井上 荒野

コイノカオリ
タイトルどおり「恋の香り」にちなんだ
女流作家6人によるオムニバス

言い方はとてもよくないんだけど、
世間一般でちやほやされてる純愛云々のオハナシが
まるで子どもだましのように思える
最近の恋愛小説ってシチュエーションに頼ってばかりで
逆にそのシチュエーションに登場人物が振り回されてたりして
真ん中で叫んじゃうヤツなんかはその典型

で、本書に収められた作品は読み始めの印象が
どれもさほど派手ではないんだけど、
そのぶん、登場人物がしっかり描けてて
長編を読み終えたときのような読後感
それが全作品に共通して言えることだから驚き

特に心に残ったのは「海のなかには夜/生田紗代」かな
ストーリー自体はお気に入りではないんだけど
苦手なのに好き、っていう超微妙な心理描写が
超わっかるの

逆にストーリーが気に入ってるのは
「泣きっつらにハニー/栗田有起」かな
突然の不幸で家計が火の車になり
学校に通いながら働きに出ることになった少女の
アルバイト先の店長へのあわーい恋心
でも店長、ゲイっぽい

そしてなによりコレ
あちこちで書かれてるけど「日をつなぐ/宮下奈都」
もう、本作に尽きる
赤ん坊を抱え、ひとり夫の赴任先で育児に追われる女性の
リアルすぎる閉塞感と虚無感
うちのオフクロがこんな感じだったらしいので
自分はわりと共感を覚えるんだけど
たぶん世の多くの男性は気づかないし気づけない
なんでこの人、無名なんだろう

どれも一筋縄じゃいかないラブストーリー
恋愛小説に甘さだけじゃなくて
ほろ苦さも求める人にはおすすめです



posted by クロルデン at 12:07 | TrackBack(0) | 共著作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Re-born はじまりの一歩 伊坂 幸太郎, 瀬尾 まいこ, 豊島 ミホ, 中島 京子, 平山 瑞穂, 福田 栄一, 宮下 奈都

Re-born はじまりの一歩
新しい道へのはじまりの一歩、
っていうテーマで色んな作家が書いてる一冊。
私が読んだことある作家は
伊坂幸太郎、瀬尾まいこ、豊島ミホ
の三人だけだったんだけど。

気に入ったのは

福田栄一「あの日の二十メートル」
瀬尾まいこ「ゴーストライター」
平山瑞恵「会ったことがない女」
豊島ミホ「瞬間、金色」
伊坂幸太郎「残り全部バケーション」

結構あるなぁ。笑
でも、なんかちょっと物足りない感じ。。。
っていうか、テーマがあいまいっていうか
ちょっと短編にはしづらいのかも。作家違うし。



posted by クロルデン at 12:03 | TrackBack(0) | 共著作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

クリスマス・ストーリーズ 大崎 善生, 奥田 英朗, 角田 光代, 島本 理生, 蓮見 圭一, 盛田 隆二

クリスマス・ストーリーズ


大崎 善生, 角田 光代, 島本 理生, 蓮見 圭一, 奥田 英朗, 盛田 隆二という凄い作家さんたちのクリスマス短編。

好きな作家さんが多かったので読みました。装丁もきらきらしててとてもカワイイ☆

内容はクリスマスだからといって全部ハッピーエンドじゃなく、それぞれの色んなクリスマスが詰まってました。
奥田さん、角田さんの話が個人的に好きです。
角田さんの手紙だけで泣かせるというあの表現力には参りました。盛田さんの話は不倫の話なのにすごい切なくて、温かかったです。


posted by クロルデン at 06:20 | TrackBack(1) | 共著作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1990年01月04日

文学賞 一覧

工事中
野間文芸賞
毎日出版文化賞
読売文学賞
新潮社文学賞
女流文学賞
谷崎潤一郎賞
日本文学大賞
平林たい子文学賞
大佛次郎賞
婦人公論文芸賞
大江健三郎賞
芥川龍之介賞
野間文芸新人賞
三島由紀夫賞
文學界新人賞
群像新人文学賞
文藝賞
新潮新人賞
すばる文学賞
コスモス文学新人賞
海燕新人文学賞
織田作之助賞
早稲田文学新人賞
堺自由都市文学賞
新潮学生小説コンクール
小谷剛文学賞
三田文学新人賞
太宰治賞
関西文學新人賞
江古田文学賞
ランダムハウス講談社新人賞
大阪女性文芸賞
同人雑誌賞
芸術選奨文部科学大臣賞
芸術選奨文部科学大臣新人賞
泉鏡花文学賞
川端康成文学賞
伊藤整文学賞
紫式部文学賞
Bunkamuraドゥマゴ文学賞
木山捷平文学賞
司馬遼太郎賞
本屋大賞
織田作之助賞
ノーベル文学賞
フランツ・カフカ賞
エルサレム賞
ヤヌシュ・コルチャック賞
全米図書賞(全米図書協会主催)
全米批評家協会賞(全米批評家協会主催)
ピューリッツァー賞(アメリカ)
ペン/フォークナー賞(アメリカ)
ブッカー賞(イギリス・イギリス連邦加盟国およびアイルランド)
ゴンクール賞(フランス)
フェミナ賞(フランス)
ルノードー賞(フランス)
アンテラリエ賞(フランス)
メディシス賞(フランス)
ドゥ・マゴ賞(フランス)
ゲオルク・ビュヒナー賞(ドイツ語圏)
ストレーガ賞(イタリア)
セルバンテス賞(スペイン語圏)
レーニン賞(ロシア)
直木三十五賞
山本周五郎賞
吉川英治文学賞
吉川英治文学新人賞
新田次郎文学賞
柴田錬三郎賞
島清恋愛文学賞
日本冒険小説協会大賞
婦人公論文芸賞
中央公論文芸賞
オール讀物新人賞
小説すばる新人賞
小説現代新人賞
小説現代長編新人賞
小説宝石新人賞
松本清張賞
野性時代青春文学大賞
新風舎出版賞
メフィスト賞
ファウスト賞
坊っちゃん文学賞
R-18文学賞
ダ・ヴィンチ文学賞
ポプラ社小説大賞
日本ラブストーリー大賞
日本文学館大賞
日経小説大賞
日経中編小説賞
新潮エンターテイメント大賞
きらら文学賞
12歳の文学賞
幻冬舎アウトロー大賞
小説新潮賞
ボイルドエッグズ新人賞
小学館文庫小説賞
Yahoo!JAPAN文学賞
『幽』怪談文学賞
タイトルが先だ!文学賞
日本ケータイ小説大賞
さくらんぼ文学新人賞
中山義秀文学賞
歴史文学賞
飛鳥ロマン文学賞
古代ロマン文学大賞
時代小説大賞
歴史群像大賞
日本推理作家協会賞
大藪春彦賞
日本ミステリー文学大賞
本格ミステリ大賞
アガサ賞
江戸川乱歩賞
横溝正史ミステリ大賞
サントリーミステリー大賞
鮎川哲也賞
日本推理サスペンス大賞
新潮ミステリー倶楽部賞
ホラーサスペンス大賞
日本ミステリー文学大賞新人賞
『このミステリーがすごい!』大賞
オール讀物推理小説新人賞
小説推理新人賞
ミステリーズ!新人賞
創元推理短編賞
小説現代推理新人賞
北区 内田康夫ミステリー文学賞
ばらのまち福山ミステリー文学新人賞
日本SF大賞
星雲賞
センス・オブ・ジェンダー賞
ヒューゴー賞(アメリカ)
ネビュラ賞(アメリカ)
ホーマー賞(英語圏)
アポロ賞(フランス)
日本SF新人賞
小松左京賞
創元SF短編賞
日本ファンタジーノベル大賞
日本ホラー小説大賞
C★NOVELS大賞
ライトノベルアワード
posted by クロルデン at 01:00| 共著作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1990年01月02日

作家別目次

作家別目次

携帯電話からは表示されません
▼あ行
あ|
あさのあつこ 
あかほりさとる
阿川弘之 
阿川佐和子
阿刀田高
阿武天風
阿井景子
阿井渉介
阿佐田哲也 → 色川武大
阿部昭
阿部和重
阿部知二
阿部夏丸
阿部牧郎
阿木慎太郎
安西水丸
安西篤子
安部公房
安部譲二
安部龍太郎
安土敏
荒巻義雄
荒俣宏
荒山徹
秋田禎信
秋月達郎
秋元康
芦原すなお
芦辺拓
有川浩
有吉佐和子
有栖川有栖
有島武郎
有馬頼義
有吉玉青
赤瀬川原平
赤川次郎
赤江瀑
赤坂真理
赤瀬川隼
芥川龍之介
新井素子
新井克昌
新井紀一
新井満
我孫子武丸
愛川晶
逢坂剛
綾辻行人
鮎川哲也
浅田次郎
浅黄斑
浅倉卓弥
浅暮三文
泡坂妻夫
朝松健
朝山蜻一
東直己
飛鳥部勝則
飛鳥井千砂
飛鳥高
青木新門
青木玉
青野聰
青山光二
饗庭篁村
明石散人
明野照葉
梓林太郎
梓澤要
麻生幾
姉小路祐
天城一
天野作市
雨宮町子
嵐山光三郎
淡島寒月


い|
今邑彩
糸井重里
伊集院静
いとうせいこう
伊藤桂一
井上ひさし
井上ほのか
井上雅彦
井上光晴
井上夢人
井上靖
井村仁美
井沢元彦
井伏鱒二
稲垣足穂
岩井志麻子
岩崎正吾 
石原慎太郎
石坂洋次郎
石川英輔
石川喬司
石川淳
石田衣良
五木寛之
色川武大
池宮彰一郎
飯干晃一
飯田譲治
飯田雪子
飯嶋和一
池沢夏樹
池田満寿夫
池田弥三郎
池波正太郎
池澤夏樹
泉鏡花
泉麻人
猪瀬直樹
生島治郎
生田耕作
伊坂幸太郎
井原西鶴
絲山秋子
市川拓司

う|
宇野千代
臼井吉見
海野十三
植草甚一
内田康夫
内田春菊
梅崎春生
内田百間
内館牧子

え|
榎木洋子
遠藤周作 
江戸川乱歩
江森備
江波戸哲夫
江馬修
江國香織 

お|
奥泉光
岡崎弘明
岡本綺堂
荻原浩
荻野アンナ
荻野目悠樹
乙川優三郎
恩田陸
家田荘子
小栗虫太郎
小川国夫
小川洋子
小野不由美
大塚英志
大庭みな子
大仏次郎
大薮春彦
大岡昇平
大橋歩
大原まり子
大江健三郎
大場惑
大沢在
落合恵子
落合信彦
乙一
織田作之助
尾崎一雄
尾崎紅葉
尾崎士郎
尾崎翠
折原みと
折原一
折口信夫
太田忠司
長部日出雄
奥田英朗


▼か行
か|
金原ひとみ
川上弘美
開高健
角田光代
かんべむさし
加賀乙彦
加藤直之
加藤諦三
加納朋子
河合隼雄
河野典生
海音寺潮五郎
海堂尊
笠井潔
梶井基次郎
梶尾真治
鎌田敏夫
門田泰明
川端康成
川又千秋
片岡義男
鏡明
狩野あざみ
神坂一
神林長平

き|
北杜夫
京極夏彦
紀田順一郎
貴志祐介
菊地秀行
菊池寛
響堂新
桐生操
桐野夏生
北上秋彦
北川悦吏子
北川歩実
北村薫
北杜夫
北方謙三
北野勇作
銀色夏生
景山民夫
今日泊亜蘭
樹川さとみ

く|

久世光彦
久美沙織
栗本薫
桑原水菜
国木田独歩
倉橋由美子
倉知淳
倉田百三
倉本聰
黒岩重吾
黒川博行
草上仁

け|

玄月
源氏鶏太
玄侑宗久

こ|
近藤史恵
幸田文
幸田露伴
小松左京
小杉健治
小泉喜美子
小泉八雲
小池真理子
小林めぐみ
小林久三
小林光恵
小林信彦
小林多喜二
小林泰三
今東光
今野敏
神月摩由璃

▼さ行
さ|

斎藤綾子
斎藤栄
斎藤純
斎藤緑雨
佐江衆一
佐伯一麦
佐伯泰英
三枝和子
早乙女勝元
早乙女貢
佐賀潜
堺利彦
堺屋太一
坂岡真
坂木司
坂口安吾
酒見賢一
佐川光晴
鷺沢萠
桜井亜美
桜井鈴茂
桜庭一樹
佐々木譲
佐々木敏
佐々木丸美
佐々木味津三
笹倉明
笹沢左保
笹本祐一
笹本稜平
笹山久三
佐多稲子
さたなきあ
佐藤愛子
佐藤亜紀
佐藤亜有子
佐藤賢一
佐藤正午
佐藤大輔
佐藤多佳子
佐藤春夫
佐藤雅美
佐藤友哉
里見とん
佐野洋
寒川光太郎
沢木耕太郎
澤田ふじ子

し|
司馬遼太郎
重松清
椎名誠
椎名麟三
塩野七生
志賀直哉
志賀貢
式貴士
獅子文六
雫井脩介
志津三郎
篠田節子
篠田達明
篠田秀幸
篠田真由美
芝豪
芝木好子
柴崎友香
柴田翔
柴田よしき
柴田錬三郎
澁澤龍彦
島尾敏雄
島木健作
島崎藤村
島田一男
島田荘司
島田雅彦
島本理生
島村利正
島村洋子
清水アリカ
清水一行
志水辰夫
清水博子
清水義範
志茂田景樹
子母澤寛
下村湖人
朱川湊人
殊能将之
城昌幸
庄司薫
庄野潤三
笙野頼子
白井喬二
白石一郎
白石一文
白石昇
白川道
素木しづ
城山三郎
新宮正春
神西清
陣出達朗
新堂冬樹
新野剛志
真保裕一

す|
鈴木重生
末永直海
菅浩江
杉浦明平
杉本研士
杉本章子
杉本苑子
鈴木英治
鈴木輝一郎
鈴木光司
鈴木清剛
鈴木創士
鈴木隆之
鈴木重生
雀野日名子
住井すゑ


せ|

青来有一
清涼院流水
瀬尾まいこ
関口芙沙恵(関口ふさえ)
瀬戸内寂聴(晴美)
瀬名秀明
芹沢光治良
千秋寺亰介

そ|

宗田理
草野唯雄
相馬泰三
曽野綾子


▼た行
た|
多島斗志之
太宰治
大道珠貴
平安寿子
高井有一
高木彬光
高樹のぶ子
高倉輝
高里椎奈
高杉良
高田崇史
高千穂遙
高任和夫
高野和明
高野裕美子
高橋治
高橋和巳
高橋克彦
高橋揆一郎
高橋源一郎
高橋三千綱
高橋直樹
高橋義夫
高橋和島
高畑京一郎
高村薫
瀧井孝作
多岐川恭
滝口康彦
滝本竜彦
鐸木能光
田口ランディ
田久保英夫
岳宏一郎
竹内てるよ
竹河聖
武田泰淳
武田麟太郎
竹本健治
嶽本野ばら
竹西寛子
多田容子
橘玲
立原正秋
立松和平
田中光二
田中小実昌
田中慎哉
田中慎弥
田中哲弥
田中英光
田中啓文
田中雅美
田中康夫
田中芳樹
田辺聖子
谷村志穂
谷甲州
谷譲次→長谷川海太郎
谷恒夫
谷崎潤一郎
谷崎精二
谷村志穂
谷山浩子
玉岡かおる
田宮虎彦
田村泰次郎
田村俊子
田山花袋
多和田葉子
団鬼六
檀一雄


ち|

近松秋江
陳舜臣

つ|

つかこうへい
柄刀一
塚本青史
柘植久慶
辻邦生
辻仁成
辻真先
辻井喬→堤清二
辻原登
津島佑子
土屋隆夫
筒井康隆
都筑道夫
綱淵謙錠
角田喜久雄
津原泰水
壺井栄
坪内逍遥
津村秀介
津村節子
津本陽


て|
寺山修司
出久根達郎
寺内大吉
典厩五郎
天童荒太
天藤真

と|
戸板康二
東郷隆
藤堂志津子
堂場瞬一
童門冬二
戸梶圭太
戸川昌子
戸川幸夫
徳田秋声
徳富蘆花
徳永直
外村繁
鳥羽亮
富岡多恵子
富島健夫
富田常雄
富樫倫太郎
豊島ミホ
豊島与志雄
豊田有恒
豊田行二
豊田穣
鳥越碧
伴野朗
飛浩隆
戸部新十郎

▼な行
長野まゆみ
梨木香歩
西尾維新




は行〜わ行へ
posted by クロルデン at 01:00| 共著作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1990年01月01日

作家別目次

作家別目次

携帯電話からは表示されません
▼は行
は|

灰谷健次郎
萩原葉子
橋口いくよ
橋本治
橋本紡
馳星周
長谷川時雨
長谷川伸
秦恒平
羽太雄平
畠中恵
畑山博
服部まゆみ
服部真澄
花村萬月
埴谷雄高
馬場孤蝶
帚木蓬生
浜尾四郎
早坂暁
林譲治
林望
林房雄
林不忘→長谷川海太郎を参照。
林芙美子
林真理子
羽山信樹
葉山嘉樹
はやみねかおる
原民喜
原りょう
原田宗典
原田康子
坂東眞砂子
半村良


ひ|

東野 圭吾
平野啓一郎
日影丈吉
干刈あがた
ひかわ玲子
ヒキタクニオ
樋口明雄
樋口一葉
樋口修吉
樋口有介
久生十蘭
火坂雅志
久間十義
火野葦平
日野啓三
氷室冴子
姫野カオルコ
檜山良昭
平井和正
平井信作
平岩弓枝
平野肇
平林たい子
平林初之輔
平谷美樹
平山寿三郎
広瀬仁紀
広津和郎
広津柳浪
広山義慶

ふ|
藤沢周平
古川日出男
深沢七郎
深田久弥
深田祐介
深谷忠記
深堀骨
深見真
福井晴敏
福島サトル
福永武彦
福本武久
富士正晴
藤水名子
藤枝静男
藤川桂介
藤木稟
藤崎慎吾
藤沢周
藤澤清造
藤田宜永
藤野千夜
椹野道流
藤本義一
藤本ひとみ
藤原伊織
藤原宰太郎
藤原審爾
藤原緋沙子
二葉亭四迷
船戸与一
舟橋聖一
船山馨
古井由吉
古川薫
古山高麗雄

へ|

辺見庸

ほ|

北条民雄
保坂和志
星新一
星野智幸
堀田あけみ
堀田善衛
堀晃
堀和久
堀辰雄
堀江敏幸
本多孝好

▼ま行
ま|
万城目学
舞城王太郎
牧逸馬→長谷川海太郎
牧秀彦
牧野修
牧野信一
正宗白鳥
正本ノン
増田俊也
増田みず子
又吉栄喜
町田康
松井今朝子
松井雪子
松井計
松浦寿輝
松浦理英子
松尾由美
松岡圭祐
松下竜一
松野大介
松本恵子
松本賢吾
松本清張
松本泰
松本侑子
間宮茂輔
麻耶雄嵩
真山仁
真山青果
眉村卓
丸谷才一
丸山健二


み|
宮部 みゆき
三浦 綾子
三浦しをん
三浦朱門
みうらじゅん
三浦哲郎
三浦俊彦
三上於菟吉
三上康明
三木卓
三崎亜記
三島霜川
三島由紀夫
水上勉
水木楊
水野仙子
水野良
水見稜
水村美苗
三田誠広
道尾秀介
光瀬龍
水上滝太郎
皆川博子
峰隆一郎
宮尾登美子
宮城賢秀
宮城谷昌光
宮崎惇
宮崎学
宮本輝
宮本昌孝
宮本百合子
三好京三
三好十郎
三好徹


む|
村上 春樹
村上 龍
向田邦子
武者小路実篤
村上元三
村上浪六
村松友視
村松梢風
村山知義
村山由佳
群ようこ
室井佑月
室生犀星

め|

目取真俊

も|

本岡類
本山賢司
モブ・ノリオ
森敦
森詠
森絵都
森鴎外
森青花
森博嗣
森茉莉
森瑤子
森岡浩之
森巣博
森田草平
盛田隆二
森福都
森見登美彦
森村誠一
諸田玲子

▼や行

八木啓代
八切止夫
安岡章太郎
柳川春葉
矢野徹
矢作俊彦
山浦弘靖
山岡荘八
山上龍彦 → 山上たつひこ
山川方夫
山口瞳
山口洋子
山崎豊子
山崎ナオコーラ
山崎洋子
山田詠美
山田太一
山田智彦
山田美妙
山田風太郎
山田正紀
山田真美
山田宗樹
山田悠介
山手樹一郎
山村正夫
山村美紗
山本一力
山本音也
山本兼一
山本甲士
山本周五郎
山本弘
山本文緒
山本昌代
山本道子
山本有三
山本幸久
梁石日
楊逸

ゆ|

唯川恵
柳美里
結城昌治
結城充考
夢野久作
夢枕獏
由良三郎

よ|

よしもとばなな(吉本ばなな)
吉行淳之介
横田順彌
横溝正史
横溝美晶
横光利一
横山信義
横山秀夫
吉岡平
吉川潮
吉川英治
吉川良太郎
吉田修一
吉永みち子
吉田満
吉村昭
吉村達也
吉屋信子
吉行エイスケ
米澤穂信
米田淳一
米原万里
米村圭伍

▼ら行

り|
リリー・フランキー
李恢成
六道慧
龍一京
隆慶一郎
龍胆寺雄
寮美千子

れ|
連城 三紀彦

▼わ行
王 敏
和田 竜
若竹七海
和久峻三
鷲尾雨工
和田はつ子
渡辺温
渡辺一雄
渡辺啓助
渡辺淳一
渡辺容子
綿矢りさ

あ行〜な行へ
posted by クロルデン at 01:00| 共著作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。