人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

2008年03月12日

吉行淳之介エッセイ・コレクション〈4〉トーク 吉行 淳之介, 荻原 魚雷

対談の名手と言われた吉行が
最後に収録された川崎長太郎との対談で、
そうとうに嫌がらせを受けている。
そこだけでも読む価値あり。

吉行の対談の中で、唯一破綻した対談。
吉行の顔が引き攣ってゆくのが目に浮かぶほど。

吉行の得意な赤線の思い出話などを
ことごとく無視する長太郎の行動を
坪内祐三が『文庫本福袋』で
『川崎長太郎のシゴキ』と評していた。






posted by クロルデン at 15:25 | TrackBack(0) | や行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。