人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

2009年05月03日

風が強く吹いている 三浦 しをん

風が強く吹いている
万引き犯とそれを追いかける男の奇跡のような偶然の出会い、彼らが陸上の世界とは遠くかけ離れた所にいた同じ寮の住人たちと、無謀にも箱根駅伝に挑むストーリー。

非現実的だと思う点も多々あります。
話の概要みたいなのを読んだ時、長距離走を長年やっていた人が読んだらどう思うかしら。私のやっていたスポーツでこんな展開されたらイラっとくるかも、なんて思っていました。
でも結局、読みだしてすぐにグイグイ引き込まれて涙腺崩壊するほど感動しました。
最後の息もつかせぬ展開に、どうなるの!次どうなるの!と思いながらも勿体なくてページをめくりたくなくて、でも読みたい!そんな葛藤と闘いながらなんとか読了 笑
あぁもう彼らがうらやましい。理由は十人十色だけどあれだけ仲間と打ち込めるものがあるっていいな。

学生のスポ根ものって、私は目が眩んでしまって、あんまり好きじゃないなぁと思っていたけど、これは別格。
所々、ウイットに富んだ会話が見られるのも、重くなりすぎず、なんて上手いこと話を運ぶんだと感嘆しました。
登場人物は駅伝なので多いですが、みな個性的でおもしろいからうんざりする事もありませんでした。私はムサと友達になりたい。


ぜひ皆さん読んでみてください!


灰二かっこよすぎる・・・!!





風が強く吹いている





ラベル:三浦 しをん
posted by クロルデン at 23:34 | TrackBack(0) | 三浦しをん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。