人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

2009年04月12日

陰摩羅鬼の瑕 京極 夏彦

京極堂シリーズ(本編)、第8弾。

白樺湖畔に佇む鳥の城でおこる23年間にわたる連続花嫁殺人事件。
鳥の城の主、由良伯爵は5人目の花嫁を守るべく、探偵、榎木津礼二郎を召喚。


鳥の剥製に埋め尽くされた館で過去23年間で4度の婚礼の後なにが行われたのか・・・
こちら側の常識はあちら側では無意味。

常識が無効となる鳥の館で今と現在であった今が交錯する。
そして京極堂が運んできた真相とは・・・。
なんとも切なくて、残酷な結末。

「悪意など、何処にもなくて、
 悪人など一人も居なくて、
 それでもこんな悲しい事は起きるのだ。」

読んでもらったらこの言葉の重さがわかる筈。

人間は、「世界は人の意思で動いている」と、
しばしば勘違いしてしまいがちです。

人間がどう行動しようと、
誰も何も問題を起こそうとはしなくても、
悲しい事件や事故が起きてしまうのは、
この本の中だけではないはずです。



京極道シリーズは、
題名から「怖そう」といって敬遠する人が多いですが、
決してそんな事はありません。

文章としての完成度も高くて、
推理小説が嫌いな人でも読みやすいです。

興味を持ったら、どうぞ「姑穫鳥の夏」から読んでみて下さい。

文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)



ラベル:京極 夏彦
posted by クロルデン at 03:48 | TrackBack(0) | 京極夏彦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。