人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

2007年04月02日

鉄鼠の檻 京極 夏彦

鉄鼠の檻
シリーズ第一弾、姑獲鳥の夏がやや関係しています。
久遠寺さんでてくるし。
太さは倍になってるけど(笑)
禅宗が基礎になっているわけですが、それが難解ゆえに面白く感じるかどうかは人によって分かれると思う。
私は面白く読めましたよ。
今回京極堂が「僕ははじめから負けている」と言ったり、
憑きものをはじめて落とすことができなかったわけで、それだけ厄介なモノだったわけです。
相変わらず榎木津は面白い。
竃馬が苦手とはかなり意外。
今回犯人の見当は大体ついていたのですが、
動機はさすがに解らなかった。
まあ鈴が鈴子というのは簡単に解りましたね。
諸葛孔明のような人という説明はわかるけど、
大方の人は果心居士は知らないんじゃないかな?
いちおう室町末期の伊賀忍者らしい。

文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)




ラベル:京極 夏彦
posted by クロルデン at 23:26 | TrackBack(0) | 京極夏彦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。