人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

2008年09月26日

アフターダーク  村上 春樹

小説世界。
それを眺める読者の視点。

物語を眺めさせられているという視点を常に過剰に意識させられる。

この過剰な誘導が物語に入り込めなくさせているのか、この誘導があるからこそ物語に意味が生まれてくるのか…



姉にコンプレックスを抱く妹が、その姉の友人の男に心を開いていくお話。

そしてそれを眺める「誰か」の視点。

最近たまたま気分で選んだ本が2冊続けて姉へのコンプレックスを持った少女が主人公でびっくり!

なんでだかわからないけど春樹の中ではもしかしたら3位に入るかも、ってくらい気に入った。

だがやはりこの視点の書き方は…腑に落ちないです。
どのような意図なんでしょう。




ラベル:村上 春樹
posted by クロルデン at 05:12 | TrackBack(2) | 村上春樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

アフターダーク / 村上春樹
Excerpt: アフターダーク / 村上春樹 どうも今回はあわなかったようで。 読み終わって、ふーんみたいな感じでなんにも残らなかった。 1本のラインみたいなものが話しになかったので、 読んでて盛..
Weblog: カフェビショップ
Tracked: 2008-09-26 21:38

アフターダーク
Excerpt: 作家生活25周年を記念する書き下ろし長編小説。 この作品の舞台は大都市そのものであり、しかも真夜中から夜明けまでの物語だ。まさに村上の得意とする都市小説だが、これまでとは何かが違う。まず、「僕」はもは..
Weblog: 村上春樹を読む
Tracked: 2012-01-22 21:35
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。