人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

2010年04月01日

英雄の書 下 宮部 みゆき

「あれ」が獄を破った。戦いが始まる。
邪悪は、何と巧みに人の心に付け入るのだろうか。

上巻は導入部分だけで終わっているような印象でしたが
全部読むとまた違う印象。

ファンタジー気分じゃないなと思ってしばらく投げてたんですが
読み始めたらさすが宮部さん
ぐんぐん惹きつけられて一晩で読んでしまいました

上巻はかなりわくわくして先が気になって仕方なくて
ノンストップで下巻を手に取ったのですがちょっと残念な気もしました
全く違うことを想像しながら読んでいたので
びっくりさせられたけれど、感動するとか泣けるとか
感情を揺さぶられる箇所がなかったです

女の子が主人公ということで、すぐに怒ったり癇癪を起こしたり
共感できずイライラとしてしまうシーンもちょこちょこと。
今時の子ってそんな感じじゃないと思うけどな、と
冷めた眼で見てしまったり。

重く暗い雰囲気が全体的に漂っているのでちょっと疲れました

個人的にはファンタジーなら
ブレイブストーリーのほうが葛藤や喜び悲しみが沢山描かれていて面白かったです
映画は子供向けにしたためか、大事なところが全部飛ばされていて
物語の重厚な部分がなくなって最低だったけれど。

私たちの闇と光を、圧倒的なイマジネーションで描き出す、
宮部ワールドの最高峰!

「そこには善きもの、正しきものもある。負の力に拮抗しようとす
る正の力が。ならば、闇雲に闇を恐れてはいけない。闇の中から光
を見出すのだ」

<英雄>は兄・大樹を「器」として、刻々と力を取り戻しつつある。
“狼”と呼ばれる者たちとともに、<英雄>の追跡を続ける友理子。
なぜ兄は<英雄>に囚われてしまったのか。<英雄>が解き放たれ
ると、何が起こるのか? 憎悪と恐怖の支配する世界で、友理子は
おどろくべき真実を知る。物語はいま――圧巻の最終章へ!







ラベル:宮部 みゆき
posted by クロルデン at 16:32 | TrackBack(0) | 宮部みゆき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。